スタッフブログ

2019.03.28

百寿 お祝い会

 

皆様こんにちは。

新館コンシェルジュ室の田中です。

今月、記念すべき百寿を迎えられたご入居者の方がいらっしゃいました。

今回はその時のお祝い会のご様子をお届けしたいと思います。


 

そもそも『百寿』の名前の由来は文字通り、
「百歳を迎えたおめでたい年」という事で設定されました。

99 歳の白寿よりも後にできたと一般的に言われているようですが、中国には 1100 年以上前から 100 個の「寿」を各種の書体を使って書き表した「百寿図」というものがあります。

それを長寿のお祝いとしていた為、
100 歳をお祝いする風習はずっと以前からあったという事になります。

 

長寿祝いは室町時代頃から始まったとされていますが、
庶民に定着したのは江戸時代といわれています。
ですが、当時は 100 歳まで生きる人が大変珍しかった為、
白寿や百寿のお祝いがされる事はほどんとありませんでした。

 

その中で今回百寿を迎えられた方がいるという事は本当に喜ばしく、
当日のお祝い会ではご入居者、スタッフでお祝いをさせて頂きました。




 

お祝い会では、レストラン課お手製のお誕生日ケーキを食べ、
『ふるさと』『アメイジング・グレイス』の2曲を歌いました。

館内には素敵な歌声が響き渡りました。


 

お誕生日を迎えられたご入居者の方から「ありがとうございます」と御礼の言葉を頂いた時、
私たちスタッフもとても温かい気持ちになりました。

当日はご家族の方も同席されたお祝い会でしたが、
お誕生日を迎えられたお姿を見て、とても嬉しそうでした。

今回はお祝い会の様子をお届けしましたが、
次回も行事の様子等を皆様にお届けしたいと思います。次回の更新をお楽しみに!